痛くない歯石クリーニングとは?歯医者・施術の選び方

もう怖くない!痛くない歯石治療とは?

昔の美容院が歯医者だった?

歯石治療をする理由

虫歯治療として歯医者へ通院していると歯石治療を進められる事があります。口腔内の環境を良くするならと思い、治療をしているがなぜ歯石治療が必要なのかイマイチ分かっていない。

そもそも歯石とは歯の汚れである歯垢が固まってしまったもので、歯磨きをしてもうまく除去出来なかった汚れを指します。歯垢は時間と共にまるで石の様に硬くなってしまいます。これは再石灰化と呼ばれ、歯石になると歯磨きでは除去出来ません。

歯石から虫歯に変わる事はありませんが、デコボコした表面には汚れが溜まりやすく細菌が付着しやすく虫歯を増やすステップになりやすいです。見た目にも良くないので、定期的に歯石ケアを行いベストな口腔環境を維持しましょう。

歯石にも種類がある?

歯石は大きく分けて2種類あり、私達が一般的に歯石と呼んでいるのは歯肉縁上歯石です。このタイプは歯と歯の間、または歯茎との間や境目に付きやすい歯石で、色は乳白色なのですぐにわかります。唾液と混ざり合う事で再石灰化しやすく、下の前歯や上の奥歯に付着しやすいです。このタイプは早期発見によるケアで改善しやすく、老若男女に見られる歯石です。

もう一つは歯肉縁下歯石といって歯と歯茎との境目よりも下の、歯周ポケット内部に付着するので肉眼では見えにくいです。その為、気付かない内に付着して、通院をした頃にはかなり大きい歯石になってしまうケースもあります。歯周病による出血で赤黒い色をしているのも歯肉縁下歯石の特徴です。


この記事をシェアする