痛くない歯石クリーニングとは?歯医者・施術の選び方

もう怖くない!痛くない歯石治療とは?

歯石治療の特徴と種類

メリット・デメリットとは?

放っておくと虫歯や歯周病に繋がる歯石は除去する事で、口腔環境を良くします。虫歯に直接的な影響はありませんが、汚れがつきにくくなるので定期的に除去するのが良いでしょう。

細菌の繁殖を防ぐというのは口臭予防にも効果的です。歯石を放置するとそこに硫化水素・メチルメルカプタンといったガスを発生させる最近が付着し、卵が腐った様な臭いが生じます。当然ですが歯石が見えると不潔に見えますし、歯茎の炎症からは歯周病を招きます。

デメリットは通院の必要がある程度なので、比較してもメリットの方が大きいです。歯石除去の頻度は3~6ヶ月に一度で、虫歯チェックと同じ時期で構いません。歯石除去をした後は口腔内がデリケートになっているので、柔らかめのブラシでケアして下さい。

最新の歯石除去治療

メリットの多い歯石除去ですが、どんな治療をしているのでしょうか?歯石は付着している場所や大きさによって痛みが生じるのがネックといわれていました。しかし最新治療では先の柔らかいチップを使って除去するので、従来と比較して痛みが出にくいです。

固く、大きくなってしまった歯石に関しても超音波を導入した器具で治療が可能です。別の項目で説明した様に、歯石治療後は歯がしみやすくなっているのですが超音波を使う事で痛みやしみる間隔を抑えられます。

歯石と一緒に歯に付着した着色を落とす治療も支持を得ています。専用の薬剤を噴射し着色を落としていくだけでは無く、いくつかのフレーバーがあるので口腔内に清涼感を感じさせてくれます。


この記事をシェアする